みんなで大仏建立ボタン

大仏建立の機運が高まってきました。

今から1300年前、日本では地震や疫病、争いが各地で勃発したため、聖武天皇は「鎮護国家」の考えから、東大寺に巨大な大仏を作ることにしました。
作るには延べ260万人もの人手と、大量の材料が必要です。
そこで聖武天皇は、「たとえ1本の草、一握りの土でも協力したいという者がいれば、同じく仏の恩徳をこうむり、共に悟りの境地に達したい」などと人々に協力を呼びかけました。

このサイトでは、ワンタップで大仏建立に参加できます。延べ260万人の協力で、大仏が1つ完成します!

ツイートで共有